ニュース速報

3本を一挙上演! 風間杜夫ひとり芝居が開幕(ぴあ)

[ 元の記事 ]
出典元: 『風間杜夫ひとり芝居 平和三部作一挙上演!!』

安定感のある演技力で幅広い活躍を見せる俳優、風間杜夫。彼がライフワークのひとつとして取り組んできたひとり芝居から「平和三部作」が、東京・本多劇場で上演される。

21年間で計7本制作され、日本全国で上演されてきた、風間杜夫ひとり芝居。文化庁芸術祭賞大賞や読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞するなど、各方面から高い評価を得てきた。今回は、そんな7作品の中から昭和史や「平和」について語る2作品に新作を加えた「三部作」の一挙上演を敢行する。

2015年初演の『正義の味方』の主人公は、95歳のご老人。下町の銭湯で働くバリバリの現役で、近所の老人を集めては世相斬りを語り聞かせていた。ある日、女子大生が彼を取材しにやってきた。自らの人生史を語るうち、歩んできた過去が明らかになっていく。

2017年初演の『ピース』は小さな葬儀社を経営する男の物語。かつて芸人を目指していたが、夢叶わず家族3人で慎ましく暮らしていた。しかし妻と娘が事故で他界。日々飲んだくれる彼のもとに、警察から葬儀の依頼が入る。亡くなったのは、彼の知り合いのシリア人だった……。

そして今回初お目見えとなる新作『あの時代』。時は昭和12年。酔うと威勢がいいが女にだらしなく、2度も女房に逃げられた、まるで落語を地で行くような噺家・春風亭善好が主人公だ。慰問団に呼ばれることもない彼が、ある日、こっそり開かれる禁演落語会にお呼びがかかる……。

作・演出を手がけるのは、喜劇ひと筋40年の水谷龍二。喜劇の酸いも甘いも知り尽くしたふたりが、不器用で、でも愛おしい登場人物の物語を紡ぎあげる。大いに笑ったあと、胸に残る後味やいかに。

トム・プロジェクト プロデュース『風間杜夫ひとり芝居平和三部作一挙上演!!』は、本日9月26日から10月3日(木)まで本多劇場で上演した後、長崎、福岡、広島、兵庫、石川、福井、山形、新潟、東京、亀戸にて公演を行う。

文:小川志津子






キーワード


SEO対策用