ニュース速報

横浜音祭り2019 ショパン~永遠の貴公子をたどる 今をときめく2人の若手ピアニストがショパンを響宴(ぴあ)

[ 元の記事 ]
出典元: 實川風 (C)yuki_ohara

“3年に一度の音楽の祭典”横浜音祭り2019が開催中だ。様々なコンサートが行われる中でも、特に注目したいのが「ショパン 永遠の貴公子をたどる」公演だ。

その他の写真

ここでは、ショパンの「ピアノ協奏曲」と「バラード」を、今をときめく“ピアノの貴公子”實川風と福間洸太朗 の2人が響宴するという珠玉のコンサートが体験できる。

モーツァルトとクレメンティ、ベートーヴェンとフンメル、ショパンとリスト、いつの時代も、競合するピアニストがいてこそ音楽界は華やかに盛り上がる! ということで、現代を代表する二人のピアニストが、ショパンの代表曲を同じステージで弾いたらどうなるのかという贅沢なコンサートがここにある。ショパンの音楽は、情緒的に見えながら構造的、女性的のようで男性的、柔和と見せかけて鋭利な刃物のように冷酷、実はとても複雑で多面的というのが、本公演の企画趣旨。二人のピアニストによる全く違ったショパンへのアプローチが、この作曲家の真実を浮かび上がらせてくれるに違いない。

◆公演概要
「ショパン~永遠の貴公子をたどる/横浜音祭り2019」
9月18日(水)横浜みなとみらいホール 大ホール

ピアノ:實川風、福間洸太朗
指揮:原田慶太楼
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団






キーワード


SEO対策用