ニュース速報

トムとジェリーとオーケストラ! 大画面の「トムとジェリー」をオーケストラの生演奏で堪能(ぴあ)




[ 元の記事 ]
出典元: 「トムとジェリーとオーケストラ」

1940年代に制作されたアニメーション映画(カートゥーン)「トムとジェリー」は、1960年代以降日本でも何度もテレビ放映され、多くのファンを持つ人気作品だ。そのポイントは「笑い」と「音楽」。アニメーションと音楽をシンクロさせる手法だ。1話約8分が色彩感豊かなオーケストラ・サウンドに満たされているのだから素晴らしい。

その「トムとジェリー」が大スクリーンで上映されて、生のオーケストラの演奏付き!と聞いたらこれは気になる。
プログラムには「ただいまお昼寝中」「ワルツの王様」「土曜の夜は」&「ネズミとり必勝法」に「ピアノコンサート」など、人気作がずらりと並び、トムとジェリーの動きに合わせてオーケストラが名曲の数々を奏でるというのだから楽しみだ。

ナビゲータ-・ナレーターには、人気声優の駒田航と上水樽力が登場するのも話題の一つ。オリジナル・スコアによるゴージャスなステージがさらに楽しくなりそうだ。

*公演は9月1日(日)14:00~東京オペラシティ・コンサートホール。

●サイモン・ラトルも大ファン!

2015年、世界的指揮者サイモン・ラトルがベルリン・フィルのコンサートで音楽だけを取り上げて演奏したところ、お客に大ヒット!躍動的で、トムとジェリーのドタバタ劇を華麗に、ユーモラスにオーケストレーションされた音楽が見事に繰り広げられ、音楽だけでも楽しめることが立証された。以来、独立した音楽としての価値が再評価されてきて、なんと、近年ではその魅力に取りつかれ、トムとジェリーの音楽を研究対象として博士号を取得した学者まで現れているのだとか。

●天才音楽家スコットブラッドリー

「トムとジェリー」のオーケストラ音楽を書いたのが、スコット・ブラッドリー(1891年- 1977年)。天才的なアイデアによって、アニメーションの登場人物の動きや表情に合わせて音楽がシンクロする世界観を確立したのだ。

●誕生80周年を前にして、今年は、東京と大阪で過去最大級の「トムとジェリー」の展覧会が開かれ、音楽劇「トムとジェリー~夢をもう一度」が上演。また、NHKテレビの「らららクラシック」ではトムとジェリー音楽特集が2回も組まれたりと、異様な盛り上がりを見せています。

●2020年は「トムとジェリー」誕生80周年のメモリアルイヤー

誕生80周年となる2020年は、世界各国で「トムとジェリー」がさらに盛り上がるのは必至。2021年には「トムとジェリー」の実写版映画の制作も決定している。



キーワード


SEO対策用