ニュース速報

浅野忠信、“東京コミコン2019”アンバサダーに 豪華来日ゲスト第1弾も発表に(ぴあ)

[ 元の記事 ]
出典元: 左から胸組光明氏、浅野忠信、宇垣美里

国内外のポップカルチャーが集結する大規模イベント・“東京コミコン2019”の開催概要発表会見が、7月11日に都内で行われ、アンバサダーを務める俳優の浅野忠信、広報部長に任命されたフリーアナウンサーの宇垣美里、胸組光明氏(東京コミックコンベンション実行委員会 実行委員長)が駆けつけ、同イベントをアピールした。

その他の画像

今年で第4回を迎える“東京コミコン”は、11月22日(金)、11月23日(土)、11月24日(日)の3日間、千葉の幕張メッセで開催。会見では来日ゲスト第1弾として、セバスチャン・スタン(『アベンジャーズ』シリーズのバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役)、オーランド・ブルーム(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)、ルパート・グリント(『ハリー・ポッター』シリーズ)の参加が発表された。

来日ゲストの豪華さに、浅野は「すごいですね。この3人ですごい映画が撮れそう」と声を弾ませ、「僕自身が一番楽しみ。ぜひお越しになるお客様が主人公になって、お祭りを楽しんもらえれば」とアピール。自身もハリウッドで活躍しており「現場ではみんな、コミコンの話をしていますよ」と“本場”の注目度についても語った。宇垣も「あまりにも豪華すぎて、本当に?と思ってしまう。(会場の)磁場が狂いそうですね」と来日ゲストに期待を寄せていた。

テクノロジーとポップカルチャーの祭典として注目を集める“東京コミコン”は、3万人を動員した第1回(2016年)を皮切りに、翌年の2回目はマッツ・ミケルセン、スタン・リーらが来日し、4万人以上を動員。さらに昨年は、トム・ヒドルストン、エズラ・ミラーらが来日し、撮影会やサイン会に加えてステージイベントにも登場し、3日間の来場者数は63,146人と過去最高を記録した。胸組氏は「今年は7~8万人の来場を見込んでいる。来日ゲストについても、まだまだ交渉しているので、期待していただければ」と話していた。

■開催概要
・名称:東京コミックコンベンション2019(略称:東京コミコン2019)
・日時:11月22日(金)、11月23日(土)、11月24日(日)
・場所:幕張メッセ (千葉市美浜区中瀬2-1)






キーワード


SEO対策用