ニュース速報

あの名曲『ホール・ニュー・ワールド』がついに登場 『アラジン』US版予告公開(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: 『アラジン』

6月7日(金)より公開の、ディズニーが贈る究極のエンタテインメント大作『アラジン』。この度、名曲『ホール・ニュー・ワールド』が収められた、US版予告映像が公開された。

『アラジン』US版予告

全世界に大旋風を巻き起こし、映画史に残る珠玉の名曲『ホール・ニュー・ワールド』を生み出した、『アラジン』を実写化した本作。公開された映像には、ファンが待ち焦がれた名シーンや人気キャラクターたちも登場し、期待と興奮を抑えられないものとなっている。

街中を軽快に駆け回るアラジンが出会ったのは、美しい王女ジャスミン。運命的な出会いによってふたりの“願い”が動きだし、やがて邪悪な大臣・ジャファーの甘い誘いに乗ったアラジンは、魔法の洞窟からランプを探してくる仕事を引き受けてしまう。よく知られたストーリーだが、今作ならではの映像表現が加わり、全く新しい『アラジン』の誕生を予感させる。

物語の展開を描く予告編中盤以降は、見どころしかない、まさに至極の映像の連続だ。魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーが熱唱する、コミカルで愉快な『フレンド・ライク・ミー』のシーンにワクワクした後は、ジーニーの魔法で王子に変身したアラジンが、ジャスミンにアプローチをする姿が描かれる。生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、いつか人生を変えるチャンスを待つ貧しい青年のアラジンと、自立した心と強い好奇心を持ち、自由に憧れる美しい王女のジャスミン。身分が違うふたりの、運命的な恋がいよいよ始まる。そんな予感の中、静かに流れてくるのがあの名曲『ホー ル・ニュー・ワールド』。アニメーション公開時にアカデミー賞最優秀歌唱曲賞とゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞を獲得した、ディズニー・ラブソングの中でも随一と言える、映画史に残る名曲だ。今作のために新たな装いと、そのままのロマンチックさをあわせもって登場した。

王女であるがゆえに自由がなく、「私はどこへでも行ける王女ではない」と呟くジャスミンを、自由な空の旅へ誘うアラジン。 魔法の絨毯に乗って世界中を旅し、初めて心を通わせるふたりの姿は、すべての女性、そしてすべての自由を求める人たちが憧れる名シーンだ。この名曲に乗せて描かれるさまざまなシーンには、アラジンの相棒である猿のアブーはもちろん、ジャスミンの友だちであるトラのラジャー、ジャファーのしもべのオウムのイアーゴなど、それぞれ活躍が楽しみな人気キャラクターたちの姿も見える。ワクワクとときめきが止まらない、究極のエンタテインメント作品の誕生に期待が高まる映像の仕上がりだ。

『アラジン』
6月7日(金)より全国公開






キーワード


SEO対策用