ニュース速報

『時をかける少女』はなぜ、愛されているのか(dmenu映画)




[ 元の記事 ]
出典元: 『時をかける少女』(1983年)より

筒井康隆が1965年から翌1966年に執筆した小説『時をかける少女』は、これまでに何度も映像化されている。その最初は1972年のTVドラマ「タイム・トラベラー」(NHK)。以降、約10年おきに、その世代にふさわしい女性アイドルを主演に起用して、コンスタントにドラマ化されている。

一方、映画化作品はこれまでに4本。そのいずれもが、映画としてまったく違う個性を発揮しており、筒井によるSFジュブナイル(筒井によれば「元祖ラノベ」とのこと)の奥深さを体感させてくれる。ここでは、4つの映画『時をかける少女』にスポットを当ててみたい。



キーワード


SEO対策用