ニュース速報

竹内まりや『ダンボ』日本版エンドソングを担当 コーラスに山下達郎も(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『ダンボ』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

ディズニー×ティム・バートン監督が、奇跡の映像美で実写化する『ダンボ』が、3月29日(金)に公開となる。この度、竹内まりやが日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を担当することが決定。竹内自ら歌詞の翻訳監修を手がけ、パートナーの山下達郎もバッキングコーラスとして参加する。

『ダンボ』その他画像

「ベイビー・マイン」は、1941年にウォルト・ディズニーが手がけたアニメ版『ダンボ』の挿入歌で、母親象のジャンボが大きすぎる耳を持つダンボに、溢れんばかりの愛情を美しいメロディにのせて歌う珠玉のバラード。これまでも多くのアーティストがカバーするなど、世界中で歌い継がれてきた名曲だ。

竹内は「娘が幼いころ大好きだった『ダンボ』。一緒にビデオを見るたびに、『Baby Mine』の歌で涙したものです。まさか30年後に私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」と、思い入れのある曲を担当できる喜びを語った。

またティム・バートン監督が、本作に込めた「あなたはそのままでも輝いている、決してひとりじゃない」というメッセージを踏まえて、竹内自ら歌詞の翻訳監修も手がけた。バッキングコーラスを務める山下達郎と共に、親子愛にとどまらない大きな愛とメッセージを歌い届ける。

『ダンボ』
3月29日(金)より全国公開



キーワード


SEO対策用