ニュース速報

「絶対に年寄りだと思わないこと」が若さの秘訣 『運び屋』インタビュー動画公開(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: (c)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

巨匠クリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』以来、監督&主演を務める『運び屋』が、3月8日(金)より公開される。この度、そのイーストウッドが『運び屋』と自分自身について語る、特別動画インタビューが公開された。

『運び屋』インタビュー映像

「今のハリウッドには自分が演じられる作品がない」と、一時は俳優引退をほのめかしたイーストウッドだったが、彼の心を動かしたのはアウトローの実話だった。主人公は、仕事一筋で家庭をないがしろにした挙げ句、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン。彼は、一度に13億円相当のドラッグを運ぶことを決意する。

公開された特別動画インタビューでは、イーストウッド本人による、主人公のキャラクターやキャストの重要性などが語られている。さらに、「学ぶことに年齢は関係ないということだ。年を取っても学べる。そうしながら、人に教えることもできる」といった、『運び屋』でイーストウッドが伝えようとするメッセージを語り、そして、「私はいつも異なるタイプの物語に興味がある。西部劇でも、現代劇でも、どんな作品でも、私はずっと新しいもの、脳を刺激するものを探そうとしてきたし、この作品もそうだ」と、常に新しい刺激的な物語を探し続けている姿勢を見せた。

最後に、イーストウッドの創作と若さの秘訣については、『絶対に年寄りだと思わないことだ』と語っている。






キーワード


SEO対策用