ニュース速報

『ぼくいこ』大森立嗣監督、映画作りは「スリリングな遊び」(dmenu映画)




[ 元の記事 ]
出典元: 大森立嗣監督(撮影:石井隼人)

宮川サトシによるエッセイ漫画を映画化した『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(2月22日公開)。ガンに侵された最愛の母親・明子(倍賞美津子)の最期の日々を、息子サトシ(安田顕)の目線から描く感動作だ。

【写真】車の窓から大きく手を振る明子(倍賞美津子)の劇中写真



キーワード


SEO対策用