ニュース速報

【インタビュー】大原櫻子、子どもたちと過ごした映画の裏側(dmenu映画)

[ 元の記事 ]
出典元: 大原櫻子

太平洋戦争末期の1944年。誰もが自分のことで精一杯だった時代に、若い保育士たちが子どもたちを守るため、53人の園児を連れて、まだ誰もやったことのなかった集団疎開を敢行した。2月22日(金)公開の『あの日のオルガン』は、疎開保育園の保育士として、幾多の困難を乗り越え、託された小さな命を守り抜こうと必死で生きた女性たちの物語である。

【写真】『あの日のオルガン』キャスト集合写真

本作で戸田恵梨香とともにW主演を飾る大原櫻子は、オルガンと歌で園児を元気づけ、「みっちゃんせんせい」と呼ばれて友だちのように子どもたちから親しまれた野々宮光枝を好演。明るく、元気で、頼りないけどみんなから愛される光枝は、大原にとってハマり役だったとも言える。

女優としてのフィールドをさらに広げる大原の胸の内を、映画公開を機に伺った。






キーワード


SEO対策用