ニュース速報

『フォルトゥナの瞳』が動員ランキング初登場第1位!(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: 『フォルトゥナの瞳』

2月16日、17日の全国映画動員ランキングは、百田尚樹の同名小説を神木隆之介と有村架純の共演で映画化した『フォルトゥナの瞳』(全国301館)が初登場で第1位になった。

ほか画像

公開2週目の『アクアマン』(全国337館)は順位をキープして2位。公開3週目の『七つの会議』(全国329)は3位になった。

公開6週目の『マスカレード・ホテル』(全国332館)、公開2週目の『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』(全国250館)、公開2週目の『コードギアス 復活のルルーシュ』(全国120館)はそれぞれ順位をひとつ下げて4位、5位、6位につけている。

公開15週目の『ボヘミアン・ラプソディ』(全国386館)は先週8位から順位を上げて7位になった。17日までの累計は動員843万9426人、興収は116億を突破している。そのほか人気オリジナルアニメ・シリーズの新劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』(全国88館)が11位になった。

次週は『あの日のオルガン』『アリータ:バトル・エンジェル』『サムライマラソン』『THE GUILTY/ギルティ』『翔んで埼玉』『ねことじいちゃん』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』『ビール・ストリートの恋人たち』などが封切られる。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『フォルトゥナの瞳』
2位『アクアマン』
3位『七つの会議』
4位『マスカレード・ホテル』
5位『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』
6位『コードギアス 復活のルルーシュ』
7位『ボヘミアン・ラプソディ』
8位『メリー・ポピンズ リターンズ』
9位『十二人の死にたい子どもたち』
10位『雪の華』






キーワード


SEO対策用