ニュース速報

リブート版『パイレーツ・オブ・カリビアン』、脚本家が降板(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: ぴあ映画生活

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのリブートを任されていた脚本家コンビ、レット・リースとポール・ワーニックが、このプロジェクトを降板した。理由はわかっていない。

『デッドプール』を大ヒットさせたこのコンビがディズニーに雇われたのは昨年10月。人気が停滞気味の『パイレーツ~』シリーズに新しい息吹を送り込んでくれるものと期待されていたが、これで振り出しに戻った形だ。

新たな脚本家を探すのか、このシリーズはもう終わりになるのかはわからないが、いずれにしても、ジョニー・デップのジャック・スパロウは、2017年の『~最後の海賊』で終わりと見られている。

文=猿渡由紀






キーワード


SEO対策用