ニュース速報

ニール・アームストロングの息子が語る「月面着陸の裏側」(dmenu映画)




[ 元の記事 ]
出典元: マーク・アームストロング

月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる今年、2019年に公開されるデイミアン・チャゼル監督の『ファースト・マン』(2月8日より全国公開)。人類初の月面着陸を成し遂げたニール・アームストロングを始めとする宇宙飛行士たちやNASA職員の偉業と、アームストロングの家族の絆を描いた物語です。

【写真】宇宙飛行士役のライアン・ゴズリング

『ラ・ラ・ランド』(2016年)でチャゼル監督とタッグを組んだライアン・ゴズリングがニールを、ただ今公開中の『蜘蛛の巣を払う女』でリスベット役を演じるクレア・フォイがニールの妻ジャネットを演じ、来る米アカデミー賞では録音賞、音響編集賞、視覚効果賞、美術賞の4部門にてノミネートされている超話題作です。

このたび、映画のプロモーションで来日したニール・アームストロングの実の息子、マーク・アームストロングにインタビューを行いました。



キーワード


SEO対策用