ニュース速報

激変する視聴環境、18年ヒット作からみる発見と課題(dmenu映画)

[ 元の記事 ]
出典元: (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

音楽の力で今冬を席巻した『ボヘミアン・ラプソディ』。Netflixをはじめとする配信による新作公開の増加。映画の共通体験の場としての劇場のあり方が問われる中、ハリウッドの映画人たちはどこへ向かうのか?

【写真】華麗な肉体!タンクトップ姿でライブ演奏するフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年のアメリカ映画を振り返るにあたり、日本でも予想外の大ヒットとなった2本の音楽映画のことから始めないわけにはいかないだろう。1本目は『グレイテスト・ショーマン』(日本公開2月)、そしてもう1本は『ボヘミアン・ラプソディ』(日本公開11月)である。音楽を中心に据えた伝記映画というだけでなく、特に本国アメリカでは公開前、批評家たちからの評価が低く、興行的に失敗することが予想されていたという点も共通している。

そして、もう一つ共通しているのは、特に日本で「応援上映」などと呼ばれる観客参加型の形式が観客動員に拍車をかけたということである。これはアメリカ映画ではないが2017年の年末に公開されて18年に入っても息の長いヒットを続けた『バーフバリ 王の凱旋』にも共通して言える。また日本映画『カメラを止めるな!』の、こちらも予想外の大ヒットも、他の多くの見知らぬ観客たちと感動を共有するという劇場ならではの楽しみが再発見されたことが大ヒットの要因であると言えるだろう。






キーワード


SEO対策用