ニュース速報

『岬の兄妹』各界著名人が絶賛 コメント予告&チラシ公開(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『岬の兄妹』

障がいを持つ兄妹の犯罪を描き、家族の本質を問う『岬の兄妹』が、3月1日(金)に公開される。この度、各界の著名人から寄せられた絶賛コメントを紹介する予告編とチラシの画像が公開された。

『岬の兄妹』絶賛コメント予告

『岬の兄妹』は、港町で仕事を干され、生活に困った兄と、町の男に体を許し金銭を受け取っている自閉症の妹の日々を描いた衝撃作。妹の行為を知った兄は、罪の意識を持ちつつも、互いの生活のため妹へ売春の斡旋をするようになる。そんな生活の中、兄は今まで理解のしようもなかった自閉症の妹の本当の喜びや悲しみに触れていくという内容だ。

主演の兄妹を松浦祐也(『ローリング』)、和田光沙(『菊とギロチン』)が演じ、さらに風祭ゆきがキャストに名を連ねている。

本作を監督した片山慎三は、ポン・ジュノ監督の下で研鑽を積み、同監督の『TOKYO!』『母なる証明』、山下敦弘監督の『マイ・バック・ページ』『苦役列車』など、助監督として映画作品に携わり、今回が長編初監督作。

この度公開された予告編とチラシでは、本作を賞賛する多くのコメントが紹介されている。コメント内容は以下の通り。

コメント内容は以下の通り。

●ポン・ジュノ(映画監督)
慎三、君はなんてイカれた映画監督だ!力強く美しい、ここまで大胆な作品が生まれるとは…衝撃を受けたよ。多くの論争を巻き起こす見事な傑作だ。おめでとう。

●松江 哲明(ドキュメンタリー監督)
実はもっと重く、悲惨な内容を想像していたのだが、それはいい意味で裏切られた。兄妹は狡く、軽やかで、社会に対する「あっかんべー」がよく似合っていた。インディペンデントは、こうでなくっちゃ。

●菊地 成孔(音楽家/文筆家)
目を背けたく、吐き気を催すほど悲痛な傑作喜劇「ポンヌフの恋人」「オアシス」「息もできない」……。これまで幾人もの、強烈にもがく男女に出会ってきた。

●呉 美保(映画監督)
平成が終わろうとしている狭間に、まさかまた出会えるとは。生きるのみ!もう、それしかないんだ。

●森 直人(映画評論家)
これを喰らったら、もうぬるいことはやってられない。すべての日本映画がぶっ潰れてしまうかもしれない。

●寺脇 研(映画評論家)
障がい、貧困、風俗…とにかく話は暗い。でもそれは当然だ。この国の現実が暗いんだもの。これは、2019年の日本の現実をわれわれに突きつける映画だ。この社会に生きる者、必見!

●犬童 一心(映画監督)
神は、兄妹を試されている。何故そこまで試練を与えたもうのか? 答えは、風に吹かれている。岬の突端を吹き抜ける風に。期待のニューフェイス松浦祐也、和田光沙主演。名バイプレイヤー北山雅康を迎え、片山慎三監督が放つ、鮮烈のデビュー作!! 惹句師ふうに言うとこんな感じ。ほんとパワフルな作品。見てね。

●山下敦弘(映画監督)
『岬の兄妹』は噛みついて来る映画だ。例えばノンフィクション、またはドキュメンタリーといった格式のある正当性に。あるいは我々の中にある偽善や倫理観に。噛みつかれれば怒る人もいれば泣く人もいると思う。自分はこの映画を観ながら笑ってしまいました。そしてつくづく弱い人間だと気付かされました。皆さんもこの映画を観て自分が何者かを知ってください。

●瀬々敬久(映画監督)
勇気をもって差別と格差という指弾されかねない題材にぶつかっている態度にまず打たれた。試行錯誤と直感、キャストとスタッフの真摯な取り組み方がそのまま表れている映画だ。そしてラストの主人公二人の兄妹の表情はやっとここに辿り着くしかないものになっていると思った。

●白石和彌(映画監督)
あらゆることを吹き飛ばす笑いと生命の躍動。クソみたいな世の中にクソを投げつけてでも必死に生きる兄妹の美しさよ。松浦裕也と和田光沙を見ているだけで胸が焦げついた。映画で出来る事はほんの少しかもしれないが、それでも投げつけたい。世の中!この映画みろよ!

●樋口毅宏(作家)
最底辺のふたりなのに、不思議と陰鬱な感じにならないのは監督の手腕でしょうか。イ・チャンドン監督の『オアシス』や ATG が好きな方には、一見の価値以上。

●真魚(女優)
脳に衝撃をくらいました。重たい一撃。問題作だと思います。良い意味だけじゃなくて。

●フィフィ(タレント)
自閉症の妹に売春させ生計立てる……ショックだった。救いようのないほど気分が落ちる。それだけすごく嫌なものをみてしまった。そんな中にも切ないくらいの兄妹愛がみえるんだよ。いい映画だった、ぜひ観てほしい。そう言いたいけど、そう言えないくらいの映画だった。

●香川照之(俳優)
暴力の行方、性的描写、観念の飛躍、全てが片山監督の根幹にあるポン・ジュノのカットの積み重ねを見ているようだ。ラストの岬の終焉の仕方にも大いに頷いた。処女作としては百点満点を付与する。

●小路紘史(映画監督)
2019 年の最初にとんでもない映画を見ました。目を背けたくなるけど目を離してはいけない強烈な作品。容赦ない展開と描写の数々、そして作品の中心にいる2人の兄妹、松浦祐也さんと和田光沙さんの芝居に震えました。メジャーでは絶対に見れない作品、胸にズドンと響きました。

●佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)
「正視できないほど恐ろしい設定の映画」とツイッターに書いたら、「こういう現実もあるんです!」といくつもリプライされた。役者さんたちの凄い演技に圧倒される、リアリティあふれる力強く素晴らしい作品。

●桝井省志(映画プロデューサー)
私たちが見まいとして世界から隠そうとしているもの、目を背けようとしている現実、それを真正面から描いた力強い作品だ。貧困と障害者と性いうタブーともいえる問題を描いて、その映像には嫌悪すら感じ兼ねないが、そこには片山慎三監督の弱者への強い愛が貫かれている。この映画を観る勇気が果たしてあなたにはあるだろうか?

●中川龍太郎(映画監督)
愛を求めて咆哮をあげる妹の肢体は異様に白く、足を引きずり彷徨う兄は手負いの獣のよう。飛ぶことはおろか、走ることさえままならない時代にあっても、僕たちは次の一歩、その次の一歩を踏み出すしかない。違う人生を生きているが松浦祐也さんの演じた兄の姿に自分自身の一端を重ねてしまった。

●本広克行(映画監督)
思わず目を背けたくなるような切実さが、美麗なカメラ・ワークによって丁寧に切り取られ、観る者の心を揺さぶる。久し振りに「映画」の力を確認した!

●宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)
これ以上ないほどハードな題材を描いた、これ以上ないほど端正で美しい作品。もう二度と観たくはないけれど、絶対に一度は観たほうがいい。

●深田晃司(映画監督)
清貧という言葉の嘘臭さを清々しいまでの正直さで暴く兄妹から目が離せない。つまりそれは一周回って清貧な映画ということだろうか。俳優の地力を逃すことのない撮影、活かしきった脚本に拍手。

●松崎まこと(映画活動家・放送作家)
現代韓国映画の巨匠たちの遺伝子を受け継ぐ片山慎三監督が、冷徹且つユーモラスに描くのは、貧しく無知な兄妹の地獄めぐり。和田光沙演じるヒロインの、イノセントで “菩薩”のような佇まいに、心を鷲掴みにされた。

●ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
「万引き家族」に続く「売春家族」?ちょっと目を背いてしまうほど演技と思えない時があります。「ジャパノロジー」では伝えられない隠された日本がありました。

●麒麟・田村裕(芸人)
いつ、誰の身に、どんな出来事が起こるかなんて誰にもわからない。それでも命があって愛があって生まれた命はどんなに厳しい環境だろうと生きていくしかないんだと、猛烈に厳しいメッセージを感じた。予定調和では終わり得ない、とんでもない作品だ。

●尾崎世界観(クリープハイプ)
自分が必死で隠してるダメな部分を煮こごりにしたような、そんな良夫が愛しくてしょうがない。良夫が今日もどこかで生きているなら、自分も頑張ろうと思える。たとえ物語に救いがなくても、人間の肉っぽさがとても温かい。

●池松壮亮(俳優)
強烈で繊細、ストイックに研ぎ澄まされた一切無駄のない映画。切なく哀しいリアリズム。物語ることのその気迫に面食らった。あの兄妹の生命力と幻想だけが岬の街の救いだった。人間を好き過ぎる人間だけが到達する境地なのか、一作目にして凄まじい。

●高良健吾(俳優)
正解がわからない。苦しかった。ここまで曝け出すのかと、、制御できないくらいの溢れ出るパワーがある作品。観客の方と一緒に考えたい。

『岬の兄妹』
3月1日(金)全国公開



キーワード


SEO対策用