ニュース速報

『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』公開日決定 “白いスター・ウォーズ 2019”お披露目も(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『スター・ウォーズ』雪まつり

『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』の公開日が、日米同日となる12月20日(金)に決定。また、現在開催中の“第70回 さっぽろ雪まつり”にて、巨大雪像“白いスター・ウォーズ 2019”がお披露目となった。

全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンタテインメント『スター・ウォーズ』。1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』がアメリカで公開されて42年、永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる映画が、集大成『スター・ウォーズ /エピソード9(仮題)』として2019年に幕を下ろすことになる。

毎年200万人以上が訪れる、冬最大級のイベント“第70回 さっぽろ雪まつり”(2月4日から11日(月・祝)まで開催)。ルーカスフィルムが公認・監修し、“スター・ウォーズ巨大雪像”の集大成として制作された“白いスター・ウォーズ 2019”が、明日からの一般公開を前に、北海道初上陸となるカイロ・レンらが会場にサプライズ登場し、オープニングセレモニーが行われた。

この“白いスター・ウォーズ 2019”は、大通西10丁目“UHBファミリーランド”会場に史上初の“体感型大雪像”として完成した。約3,000トンもの雪を使用し、高さ15メートル、 幅24メ-トル、奥行き18メートルにも及ぶこの巨大雪像では、なんとレジスタンスの若きリーダーであるポー・ダメロンが愛用する戦闘機 Xウイングを、本物のディティールに忠実にこだわり再現。実際に制作した大雪像制作隊の隊長・吉川智成氏は「来場される日本、そして世界各国の皆様に、この迫力と繊細さを体感してほしい」と世界を視野に、この体感型の巨大雪像を作り上げたようだ。

オープニングセレモニーでは、2015年“雪のスター・ウォーズ”、2017年“白いスター・ウォーズ”に続き、3度目となる“スター・ウォーズ”巨大雪像を前に、秋元克広札幌市長が出席。秋元市長は、「“スター・ウォーズの雪像”は過去に2度ありましたが、今回初めてXウイングに乗れる体感型の雪像となっております。多くの皆様にご来場いただき、多くの方に感動していただきたいです」と挨拶した。さらに、日も暮れ闇に包まれた気温0度の極寒の中、カイロ・レンがファースト・オーダーの兵士ストームトルーパーとともにサプライズで登場。厳しい寒さの札幌に集まった200人以上のファンも思わず歓声を上げた。最新作についてはもちろん語ってはくれないが、熱気を帯びたファンによる「3!2!1!May the Force be with you!(フォースと共にあらんことを)」のカウントダウンとともにカイロ・レンが不気味に光る赤い十字のライトセーバー振り上げると、伝説のシリーズを振り返る“ライティングショー”の中、最後の雪像“白いスター・ウォーズ2019”がお披露目され、集まったファンからは極寒を吹き飛ばす大きな歓声が上がった。

『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』
12月20日(金)より全国公開

“第70回 さっぽろ雪まつり”
2月11日(月・祝)まで開催



キーワード


SEO対策用