ニュース速報

登坂広臣、約5年ぶりの主演恋愛映画『雪の華』は「財産になった」(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 登坂広臣、中条あやみ

冬を彩る同名ヒット曲をモチーフにしたラブストーリー『雪の華』のジャパンプレミアが1月24日、東京ドームシティホールで行われ、主演を務める登坂広臣と中条あやみ、共演する高岡早紀、浜野謙太、田辺誠一、橋本光二郎監督が出席。また、シンガーの中島美嘉がサプライズ登場し、映画の題材となった代表曲「雪の華」を披露した。

『雪の華』ジャパンプレミア/その他の写真

余命1年を宣告された平井美雪(中条)は、ひったくり被害から救ってくれた青年・綿引悠輔(登坂)に「100万円を支払うことと引き換えに、1か月限定の恋人になってほしい」と持ちかける。美雪には両親が出会ったフィンランドでオーロラを見ること、そして人生で初めての恋をするという二つの夢があった…。

登坂にとって、恋愛映画に主演するのは約5年ぶりのことで「企画の段階から、お話をいただいていたが、出演を決めるまでには葛藤もあり、吹っ切れない自分がいた」と告白。それでも「やると決めたからには、共演者やスタッフの皆さんと一丸になり、いい作品にしようと取り組んだ」と胸を張り、「今の自分にとっては、かけがえのない作品であり、財産になった」と話していた。

一方、余命宣告を受けるヒロインという難役に挑んだ中条は「今まで演じたどの役とも違うので、大変でした」と回想。「繊細なんだけど、強いものを持った女の子。幸せになることを諦めていたんですが、悠輔と出会って、希望を抱くまっすぐでピュアなキャラクターを作っていった」と振り返った。

橋本監督は、ロケ地になったフィンランドで行われた本作のプレミアに出席し、帰国したばかり。現地では上映後にスタンディングオベーションが起こったといい「うれしいような、こそばゆいような…。それでも、温かな拍手で迎えられて、うれしかったですね」と報告。ダブル主演の二人も「ロケで1ヶ月滞在したので、思い入れが強い地になった」(登坂)、「フィンランドとの国交100年という記念すべき年に、この作品を皆さんに見ていただけるので感動している」(中条)とフィンランドへの思いを語っていた。

『雪の華』
2月1日(金)より全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼



キーワード


SEO対策用