ニュース速報

菅田将暉が日本の命運を握る“極秘任務”に奔走 『アルキメデスの大戦』特報&ティザービジュアル公開(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『アルキメデスの大戦』

映画監督の山崎貴が『永遠の0』以来、再び第2次世界大戦を描く最新作『アルキメデスの大戦』が現在製作中。この度、主演の菅田将暉が日本の命運を握る“極秘任務”に奔走する姿を捉えた、圧巻の特報映像と、ティザービジュアルが公開された。

『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ3作品(総興行収入112億)、『永遠の0』(興行収入87.6億円)、『DESTINY 鎌倉ものがたり』(興行収入32億円)など、大ヒット映画を次々に生み出してきた、名実ともに日本映画界を代表する映画監督・山崎。『永遠の0』では圧巻のVFXで“零戦”を描写した監督が、今作では“戦艦大和”をスクリーンによみがえらせる。原作は『ドラゴン桜』で一世を風靡した三田紀房による同名漫画(既刊12巻、講談社ヤングマガジン連載中)。

物語の舞台は、1930年代。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍を舞台に繰り広げられる、“戦艦大和建造”を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦だ。かつてない斬新な切り口で描く歴史エンタテインメント、それが『アルキメデスの大戦』なのだ。

主演は、昨年の第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた若手トップの演技派俳優・菅田。本作では天才数学者・櫂直(かいただし)を演じる。役を演じるにあたり、クランクイン前から“戦艦の製図”や“数学の板書”を練習。日本の命運を握るという、自身史上最も大きな役に挑戦する。

そして、天才数学者・櫂を海軍に招き入れるキーパーソンであり、日本で最も有名な軍人・山本五十六役を、俳優人生初の“丸刈り”頭で演じる名優・舘ひろし。その他、柄本佑、浜辺美波、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯といった超豪華俳優陣も集結。さらに、笑福亭鶴瓶が自身をモデルにした原作キャラクターを自ら演じるという、まさしく“再現度100%”の参戦も大きな話題となっている。

公開された30秒の特報では、山崎監督が徹底的にリサーチし、最新技術を駆使し、完全再現を目指して描く“戦艦・大和”が初めてその姿を現している。 ゆっくりと、重々しく、その世界最大の巨体を見せつける戦艦・大和の映像からは、早くも映画のスケールの大きさが感じられる。さらに、数学を駆使し、戦艦大和建造の秘密に迫る“極秘任務”に奔走する、天才数学者・櫂(菅田)の姿も。この特報映像は、2月1日(金)より全国の東宝系映画館にて上映される。

あわせて公開されたティザービジュアルでは、まさに戦火の真っただ中にいる戦艦・大和の姿が全面に描かれたものとなっている。そして菅田、舘ら超豪華俳優陣の劇中ビジュアルも並び、こちらも超大作の誕生を予感させる仕上がりだ。

『アルキメデスの大戦』
7月26日(金)より全国公開



キーワード


SEO対策用