ニュース速報

小栗旬主演×蜷川実花監督『人間失格』、宮沢りえ×沢尻エリカ×二階堂ふみが太宰を愛する3人の女性役に(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『人間失格』(C)2019 『人間失格』製作委員会

“日本文学史上最高傑作”との呼び声も高い太宰治の『人間失格』。その誕生秘話と、太宰自身そして彼を愛した3人の女性たちの視点から、事実をもとにしたフィクションとして小栗旬主演×蜷川実花監督で映画化する本作。物語のキーとなる3人の女性役を、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみが務める。

宮沢が演じるのは、太宰の正妻・津島美和子。小説『ヴィヨンの妻』のモデルとも言われる美和子は、3人目の子供を身ごもりながらも、奔放に生きる太宰を支え、作家の妻の鑑と称される人物。宮沢は「いつか、いつかと話していた実花さんとの作品づくりが実現してとても嬉しいです」と喜びの言葉を寄せ、「映画の中の世界とはいえ、太宰治の妻として生きる時間は、とてもエネルギーを必要とする時間でしたが、役を生きることに誠実な小栗さんと子どもの役である素晴らしい3人の存在、才能あるスタッフが、太宰の妻として母としての息吹を与えてくれたような気がします」と続けた。

沢尻が演じるのは、太宰の愛人かつ弟子作家の太田静子。太宰から才能を認められた静子は、太宰に妻があることを知りながら、彼の子供がほしいと願う、一途で天真爛漫な資産家の娘だ。蜷川監督とは『ヘルタースケルター』以来のタッグ。沢尻は「蜷川監督作品に帰ってまいりました」と語り、「今回は恋に生きる女性を全力で演じてみました。実花さんが作り出す世界観と、小栗さん演じる太宰治の魅力で、ウキウキが止まらない撮影で、夢みたいな体験をすることができました。みなさんもきっと『人間失格』の太宰治に魅了されることでしょう」と自信をのぞかせた。

そして、二階堂が演じるのは、若き未亡人で太宰の最後の愛人・山崎富栄。戦地から戻らない夫を待ちながら、美容師として真面目に働いていた富栄。だが、太宰との恋をきっかけに“死にたい”と思いつめていく難役を体当たりで演じる。「とうとうこの作品に出会ってしまいました。美しく儚い、そんな夢を見ていたような現場でした。小栗さん演じる修治さん(太宰治の本名)は、私が何処かで求めていた “太宰治“ のような気がします。きっと観る人それぞれの中にある “太宰治“ に会える作品だと思います。 実花さん、しあわせでした」とコメントを寄せた。

『人間失格』
9月13日(金)より全国公開



キーワード


SEO対策用