ニュース速報

小芝風花のお気に入りシーンは? 『くるみ割り人形と秘密の王国』特別インタビュー映像公開(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: 『くるみ割り人形と秘密の王国』

世界中から愛され続ける不朽の名作『くるみ割り人形』を実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』のブルーレイ+DVDセットが、3月6日(水)に発売される(2月6日(水)より先行デジタル配信開始)。この度、発売を記念し、主人公クララ役の日本語吹替え版声優を務めた小芝風花のインタビュー映像が公開された。

『くるみ割り人形と秘密の王国』インタビュー映像

本作は、『美女と野獣』のディズニーが『くるみ割り人形』を実写映画化したファンタジー。愛する母を亡くし心を閉ざしたクララは、クリスマスイブの夜に、誰も知らない秘密の王国に迷い込む。“プリンセス”と呼ばれ戸惑うクララだが、やがて“第4の国”の反乱によって危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。くるみ割り人形に導かれ、別世界を旅するクララ役に抜擢されたのは、『インターステラー』のマッケンジー・フォイ。さらに、キーラ・ナイトレイやモーガン・フリーマン、ヘレン・ミレンらが集結した。

日本語吹替え版声優には、小芝のほか、坂本真綾(シュガー・プラム役)や小野賢章(フィリップ役)などの人気声優が名を連ねた。

この度公開された映像では、声優に初挑戦した小芝が作品への思いを語っている。まず、作品の見どころについて、主人公クララが、亡き母からのクリスマスプレゼントである卵型の入れ物の鍵を探す冒険の途中で、自分の中にある大切なものに気づくシーンを挙げ、「本作を観て自分の中にある大切なものはなんだろうって、一緒に考えていただけると嬉しいです」と語る。

また、幼い頃フィギュアスケートをやっていた小芝は、偶然にも『くるみ割り人形」』の楽曲で滑った経験がありとても思い出深い作品だと明かす。本作で声優デビューすることを「運命的」だとうれしそうな表情を見せる。何度も見たいお気に入りのシーンは、クララが、発明家でクララの良き理解者である叔父のドロッセルマイヤーに「お母さんの最高傑作は…」と明かされるシーンだと言い、最後は「字幕と吹替え、両方のよさがあるので…ぜひ吹替えのほうでも観ていただけるとうれしいです」と笑顔で締めくくっている。

ブルーレイには、製作の舞台裏や未公開シーン、『くるみ割り人形 組曲』のミュージックビデオなどの貴重なボーナス・コンテンツも収録されている。

『くるみ割り人形と秘密の王国』
2月6日(水)先行デジタル配信開始
3月6日(水)ブルーレイ+DVDセット(4,000円+税)発売






キーワード


SEO対策用