ニュース速報

ホイットニーの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」はなぜ伝説になったのか?(dmenu映画)

[ 元の記事 ]
出典元: 『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー』/(c) 2018 WH Films Ltd/配給:ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES /2019年1月4日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

1月4日から公開される『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー』は、1980~90年代に歌手や女優として活躍したホイットニー・ヒューストンの生涯を描くドキュメンタリー映画です。

ホイットニー・ヒューストンといえば、『ボディガード』(1992年)でヒロインを演じ、同作の主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が世界的な大ヒットを記録したことで、日本でも広くその名を知られた存在です。本作はそんなポップス史上に燦然と輝く奇跡のミューズとして認知されながらも、不慮の事故による最期を迎えた彼女の知られざる素顔に鋭く、フェアに迫っています。

しかし、なぜ彼女の名曲「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は、そこまで世界を熱狂させたのでしょうか? それを知るためにも、今回は映画を観る前に知っておきたい、彼女のキャリアを振り返ってみたいと思います。






キーワード


SEO対策用