ニュース速報

長編映画『ひつじのショーン』シリーズ第2弾、日本公開決定! 海外版特報&ポスター公開(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『A Shaun the Sheep MOVIE:FARMAGEDDON(原題)』

『ひつじのショーン』長編映画シリーズ第2弾、『A Shaun the Sheep MOVIE:FARMAGEDDON(原題)』が2019年12月に全国公開することが決定。この度、海外版特報映像とポスターが公開された。

人気クレイ・アニメーション『ひつじのショーン』は、アカデミー賞を多数受賞している英国アードマン・アニメーションズの大ヒットシリーズ、『ウォレスとグルミット』の第3作目『ウォレスとグルミット、危機一髪!』に登場するショーンを主人公にしたスピンオフ作品。ユーモア溢れたストーリーで、ショーンとその仲間たちが静かな丘で毎回大騒動を巻き起こす様を描いている。

2007年に英国BBCで1話7分のショートアニメがシリーズ化され、日本でもEテレで放映される(2018年11月放送終了)など、『ひつじのショーン』のファンは年々増え、2015年にはシリーズ初の長編映画『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』が公開された。そして全世界で1億600万ドルもの興行収入を挙げ、大ヒットを記録。第88回アカデミー賞長編アニメ賞にもノミネートされるなど、大きな話題となった。それから3年、待望の最新作が本作なのだ。

公開された映像は、ある夜、イギリスの片田舎の牧場モッシー・ボトム・ファームで何かが起こりそうな怪しげな気配から始まる。そして突然、強烈な光がどこからか放たれ、牧場主は目を覚ます。光の正体を確かめるため牧場へと向かう牧場主。そこには、何かの暗号なのか、ミステリーサークルが出現し、畑の中から何やら怪しい光と音が聞こえるのだった。突然のことにビックリした牧場主は、たまらず家へと走って逃げていく。同じく、牧場の異変に気付いたビッツァーも現場へ駆け付け、畑を分け入って、光と音がする方へ進んで行くと、そこにはイタズラ好きなショーンたちが。いつものことかと、ビッツァーがショーンたちに説教を始めた瞬間、突然ショーンが何者かに連れ去られてしまう……。

これまで見たことのない新しい世界がショーンたちと遭遇する、今回の最新作。一体、この先何が起こるのかが気になってしょうがない特報となっている。また、海外版ポスターも、これまでのショーンシリーズからは予想もできない、ワクワク感満載のビジュアルとなっている。

さらにあわせて日本のファンへ特別に、最新作の製作陣からの熱いメッセージも公開された。

■アードマン・アニメーションズ製作陣
第1作目『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』では、ショーンを映画スターとして確立させるのが大きな目的でした。今回はさらに劇場映画らしい大作を目指して、ショーンをより壮大で無謀な冒険へと放り込みました。ユニークで魅力的なキャラクターたちと一緒に、ワクワクするような新しい体験を観客の皆さんにお届けします。もちろん笑いたっぷり、そして少しホロリとくるような場面もあるかもしれません。本作はアードマンにとって初のSF劇場作品になります。私たち製作陣は皆SFの大ファンですので、作中にちりばめられたSFへのオマージュにもぜひ注目してみてください。そして何といっても、今回新たに登場する魅力的な主人公が、観客の皆さんを虜にすること間違いなしです。

『A Shaun the Sheep MOVIE:FARMAGEDDON(原題)』
2019年12月、全国公開



キーワード


SEO対策用