ニュース速報

映画俳優組合賞(SAG)、ノミネーションが発表に(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: ぴあ映画生活

映画俳優組合賞(SAG)のノミネーションが発表された。俳優組合が演技に対して贈るこの賞では、キャスト(アンサンブルとも呼ばれる)部門が、作品賞に当たる。

この部門の候補は『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『アリー/スター誕生』『クレイジー・リッチ!』『ボヘミアン・ラプソディ』。

主演男優部門は、クリスチャン・ベール(『バイス』)、ヴィゴ・モーテンセン(『グリーンブック』)、ブラッドリー・クーパー(『アリー/スター誕生』)、ラミ・マレック(『ボヘミアン・ラプソディ』)、ジョン・デビッド・ワシントン(『ブラック・クランズマン』)。

主演女優部門候補は、エミリー・ブラント(『メリー・ポピンズ リターンズ』)、レディ・ガガ(『アリー/スター誕生』)、グレン・クローズ(『天才作家の妻 40年目の真実』)、オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』)、メリッサ・マッカーシー(『Can You Ever Forgive Me?』)。

助演男優部門候補は、マハーシャラ・アリ(『グリーンブック』)、サム・エリオット(『アリー/スター誕生』)、ティモシー・シャラメ(『ビューティフル・ボーイ』)、アダム・ドライバー(『ブラック・クランツマン』)、リチャード・E・グラント(『Can You Ever Forgive Me?』)。

助演女優部門候補は、エイミー・アダムス(『バイス』)、エマ・ストーン(『女王陛下のお気に入り』)、レイチェル・ワイズ(『女王陛下のお気に入り』)、エミリー・ブラント(『クワイエット・プレイス』)、マーゴット・ロビー(『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)だった。授賞式は来年1月27日。

文=猿渡由紀



キーワード


SEO対策用