ニュース速報

『かぞくいろ』が満足度ランキング第1位! 『アース』は子供たちに人気(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: (C)2018「かぞくいろ」製作委員会

「ぴあ」調査による2018年11月30日、12月1日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、有村架純と國村隼が主演を務める『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が第1位になった。観客からは「家族って何だろう?と思いを馳せた」「愛情が繊細に描かれた素晴らしい作品だった」などの声が寄せられた。

その他の画像

本作は、地方のローカル線を舞台に、人生を鉄道になぞらえ、人と人との繋がりを通して自分の生き方を見つめ直す人々の姿を描いた『RAILWAYS』シリーズの3作目。若くして夫に先立たれた晶、父親の急死によって義母と鹿児島に行くことになった駿也、戸惑いながらも亡き息子の妻と孫を受け入れる義父・節夫という愛する人を失った3人の家族の再出発を描く。

出口調査では「さまざまな人間関係や、それぞれの視点から描いているところがよかった」「家族の愛情が繊細に描かれていて、家族とはどういうものか考えさせられた。家族に限らず人間関係は大事だと思った」などの声もあった。シリーズ3作目は、島根の“一畑電車”、富山の“富山地方鉄道”に続き、鹿児島の“肥薩おれんじ鉄道”が舞台になっており「鹿児島に行ったらぜひこの場所を訪れたいてみたい」という声もあった。「鉄道好きなので、こういった映画を作ってくれるのはありがたい」と話す人もいた。

注目は子供たちから人気を集めたドキュメンタリー映画『アース:アメイジング・デイ』。本作は、全世界で大ヒットした『アース』を手がけた英国のBBCアース・フィルムズの最新作で、撮影チーム100人が、22カ国で、最新の4K技術を用いた超軽量カメラを乗せたドローン200台を駆使して撮影した記録。

映画を観終わったばかりの子供からは、「チーターがカッコよかった! イッカクは初めて見た!」(5歳)、「クマが木に背中をなすりつけるところが一番おもしろくて、意外だった!」(8歳)、「蜂が雨粒にあたって落ちちゃうところは見たことなかった!」(10歳)、「恐いところもあるけど、動物っておもしろい一面もあるんだなって思った」(8歳)など、強烈に印象に残ったシーンを楽しそうに話す姿が見られた。

一緒に鑑賞した親からは、「シマウマの親子が川を渡るシーンや、イグアナの赤ちゃんが食べられそうになったときはドキドキしたねって子供と話した」(30代)、「“見たことがある”映像はなく、全てが新しかった。子供たちも食いついて観ていた」(40代)などの感想が寄せられた。

(本ランキングは、11/30(金)、12/1(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)






キーワード


SEO対策用