ニュース速報

ベルナルド・ベルトルッチが死去(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: ぴあ映画生活

イタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチが亡くなった。77歳だった。死因はガン。

ベルトルッチはイタリアのパルマ生まれ。ローマ大学中退後に監督デビュー。1970年の『暗殺の森』で全米映画批評家協会賞の監督賞を受賞し、72年の『ラスト・タンゴ・イン・パリ』でオスカーの監督部門にノミネートされる。そして87年の『ラストエンペラー』では、作品賞、監督賞を含む9部門で受賞を果たした。坂本龍一は、この作品でオスカー作曲賞を受賞している。

その後、『シェルタリング・スカイ』『リトル・ブッダ』『ドリーマーズ』などを発表。2007年にヴェチア映画祭、2011年にカンヌ映画祭から、それぞれ功労賞を受賞。ハリウッドのウォーク・オブ・フェームの星は2008年に与えられている。

1978年、イギリス人監督でライターのクレア・ペプローと結婚。ふたりの間に子供はいない。

文=猿渡由紀



キーワード


SEO対策用