ニュース速報

『銃』で新境地を開拓した村上虹郎が感じた、『ソナチネ』との共通点とは?(dmenu映画)




[ 元の記事 ]
出典元: 『銃』で新境地を開拓した村上虹郎が感じた、『ソナチネ』との共通点とは?

芥川賞作家・中村文則の処女小説を原作とし、銃に魅入られた男・トオルの狂気をスリリングに描いた『銃』。本作で主人公のトオルを熱演したのは、村上虹郎。デビュー当初こそ、俳優の村上淳を父親、アーティストのUAを母親に持つ背景が話題となったが、現在は圧倒的な存在感を武器に、若手きっての実力派俳優として確固たるポジションを確立している。
『銃』の企画・製作を手掛けた奥山和由も、村上虹郎の才能に魅了されたひとりだ。奥山和由は、『いつかギラギラする日』(1992年)や『ソナチネ』(1993年)などを手掛けた映画界のレジェンド。村上虹郎は、キャストとスタッフが誰ひとり決まっていない段階で、出演を快諾したそうだ。トオルの危うさを男の色気全開で表現し、新たな代表作を生み出した村上虹郎にお話を伺った。



キーワード


SEO対策用