ニュース速報

「ここはすでに戦場だ」 西島秀俊×佐々木蔵之介『空母いぶき』特報映像公開(ぴあ映画生活)

[ 元の記事 ]
出典元: 『空母いぶき』(c)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじによる累計350万部突破のベストセラーコミックを実写映画化した『空母いぶき』。この度、特報映像と第1弾ポスターが公開された。

『空母いぶき』特報

国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者、彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのか。各々の立場でのそれぞれの決断がこの国の未来を作る。

この度公開された特報では、“空母いぶき”を舞台に、航空自衛隊エースパイロットの実績から艦長に抜擢された秋津竜太(西島秀俊)と、海上自衛隊生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也(佐々木蔵之介)の、極限の選択を迫られた中での苦悩と対立が浮かび上がる。平和のためにこそ武力の行使も辞さないという覚悟を貫く秋津と、あくまでも防衛に徹し、自らの攻撃は封印することを信念とする新波。秋津の「ここはすでに戦場だ」という言葉にはどのような意味が隠されているのか。映像は護衛艦が激しく炎上するシーンで幕を閉じる。

第1弾ポスターは、秋津役の西島と新波役の佐々木の緊迫感溢れる表情の上に、日本のみが赤く染まる世界地図が重なるビジュアルとなっている。

『空母いぶき』
2019年全国ロードショー






キーワード


SEO対策用