ニュース速報

豪華アジアスター大集結! 映画『サイバー・ミッション』公開決定&ポスター&予告編公開(ぴあ映画生活)




[ 元の記事 ]
出典元: 『サイバー・ミッション』

ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久ら豪華アジアスターが大集結している中国映画『サイバー・ミッション』(原題:『REBORN』)。この度、本作が2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開することが決定し、ポスターと予告編が公開された。

『サイバー・ミッション』その他の画像

主役のオタク系ホワイトハッカー・ハオミン役には、元SUPER JUNIORのハンギョン。ブラックハッカーのチャオ・フェイ(ゼブラ)役には『モンガに散る』『GF*BF』の台湾スター、リディアン・ヴォーンが扮する。そして、チャオ・フェイのパートナーでもある美しき犯罪者スー・イー役には、雑誌『Ray』のモデルとして活躍していたリー・ユエン。さらに、サイバーテロリストのボス役には、山下が初の海外進出作品として初の悪役に挑戦する。本作で山下は、流暢な英語と中国語を披露している。

また本作は、『バイオハザードV:リトリビューション』『ボーン・アイデンティティー』のアクション監督ニコラス・パウエルがハリウッド仕込みのアクション演出をしているのも見所のひとつだ。来たるサイバー戦国時代に備え、必見のハッキング&アクションバトルで息つく暇も与えない、タイムリミットサイバーアクションの誕生だ。

本作はかつてのハッカー映画とは違う。サイバー犯罪は現実社会で起こり得る身近な脅威となった。本作の戦いはとてもリアルで、自分の身に起きても不思議でない危うさが臨場感をもって描かれている。60秒というカウントダウンとともに進む予告編はスピーディーで、事件が加速していく高揚感を感じさせるスリリングなものとなっている。

またポスターは、サイバー感を感じさせるデザインと、豪華アジアスターたちのクールな表情が並び、作品のスタイリッシュさと緊張感溢れるものとなっている。

■ハンギョン
8Fの高さから飛び降りたりと怪我の絶えないスリリングな撮影で、何度か危ない動きもありましたが、ひとりひとりがテストしてお互いにアドバイスをしながらやりました。夜ホテルに帰ると打撲の痣だらけになってました。また、天才ハッカーという役どころなので、専門用語を覚えるのには苦労しました。ハッカー独特の習慣もあるので、撮影前に彼らを理解するために多くのハッカーにも会って話をしました。演技に役立っていると嬉しいです。是非みてください。

■リディアン・ヴォーン
ビルから飛び降りたり、擦り傷ができたり、痣ができたり過酷な撮影でした。そんな撮影を経て我々4人も特別な関係になったと思います。やっと皆さんに映画をお届けできることにとてもワクワクしています。ぜひ映画をご覧になってください。

■リー・ユエン
なぜかよくわからず彼らと国際犯罪に関わってしまいました。撮影中鼻をぶつけて曲がってしまい、そのあとのシーンで怪我をする予定だったのですが、怪我のメイクをしないですみました(笑)。

■山下智久
初めての悪役という新しい挑戦をしているので、是非いままでの僕とのギャップを楽しんでいただきたいと思っています。作品の中身としては、アクション大作になっていると思います。少し先の話にはなると思うんですが、ある意味リアリティがあるというか、皆さんの身近にあるデバイスを使ったり、いつ起こってもおかしくない話なんじゃないかとイマジネーションを掻き立てられるような作品です。良い意味でも悪い意味でもそういうことを想像しながら見てもらえると非日常を体験してもらえるかなと思います。

『サイバー・ミッション』
2019年1月25日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。