ニュース速報

“死”を通して“生”が浮かび上がる、新世代インド映画の傑作(dmenu映画)




[ 元の記事 ]
出典元: (c) Red Carpet Moving Pictures

“メメント・モリ”という言葉がある。“死を想え”、意訳をすれば“誰もが死ぬということを忘れるな”という意味のラテン語だ。古くより世界中で様々な芸術作品のモチーフや、テーマそのものにもなっている。日本でもそのままをタイトルにした藤原新也の傑作写真集『メメント・モリ』があるが、その撮影場所の一部はガンジス河の岸辺である。



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。