ニュース速報

新感覚ホラー『テルマ』でトリアー監督が描こうとしたもの(dmenu映画)

[ 元の記事 ]
出典元: (C)PaalAudestad/Motlys

『母の残像』(2016年)で一躍世界にその名を轟かせたヨアキム・トリアー監督による新感覚ホラー『テルマ』(10月20日より公開)。幼い頃の記憶を封印された少女テルマが、生まれて初めて覚えた欲望によって、自らの中に眠っていた「恐ろしい力」と向き合う様を、スタイリッシュな映像と音楽で紡ぎ出した衝撃作だ。

大友克洋監督の『AKIRA』(1988年)をはじめ、「小津安二郎や黒澤明にも多大なる影響を受けた」というトリアー監督のインタビューを交えつつ、本作の魅力を紹介したい。






キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。